見出し画像

札幌で「NoMaps2023」に参加しました!

SBI新生銀行は、札幌の街の活性化に貢献したい、札幌の皆さまにもっと当行を知っていただきたい、と考え、複合型フェスティバル「NoMaps2023」にスポンサーとして協賛したほか、2023年9月14日と15日の2日間、ビジネスカンファレンスでの講演とブース出展を行いました。

NoMapsとは、未来を切り開いていくことを目的として、2016年からスタートし、行政・企業・教育機関とオール北海道体制で年に一度展開しています。NoMaps2023は「札幌・北海道から、テック、エンタメ、クリエイティブで世界をめっちゃおもろくする複合型フェスティバル」として、9月13日〜17日の5日間、札幌市内さまざまな会場で開催されました。

NoMaps実行委員会事務局より

ビジネスカンファレンスでは、2テーマでの講演をさせていただきました。

1つ目は「未来を変える預金のおはなし」というテーマ。
こちらは個人営業担当役員・スタッフ4名が登壇し、現在取り扱い中の「サステナビリティ預金」の誕生にかけた思いを4名で熱く語り合いました。

ご参加者からは、「金利を享受しなから社会貢献ができるのはとてもいい仕組みだと思う」「サステナビリティ預金を自社のビジネスに取り入れたい」といったお声をいただきました。

4名が和気あいあいとした雰囲気でサステナビリティ預金への思いを語りました。

2つ目のテーマは「SBI新生銀行グループ スタートアップ支援の取り組みについて」

ベンチャービジネス部長が登壇し、SBIグループが一体となって行っているお客さまへのスタートアップ支援について説明し、終了後には札幌支店スタッフとともにお客さまからの個別のご質問にお答えしました。

ご参加者からは、「環境関連のスタートアップ創出に取り組んでおり、アドバイスをいただけるとありがたい」「道内への企業誘致に力を入れており、企業をご紹介いただけるとありがたい」といったお声をいただきました。

起業を目指す方やスタートアップ企業の方などにご参加いただきました。

札幌フィナンシャルセンターが出展したブースにも多くの方がお越しくださり、講演内容を含む当行の取り組みについてお話しさせていただきました。「今後一緒に協業しませんか」というありがたいご提案もいただきました。

札幌フィナンシャルセンターのブース

SBI新生銀行グループでは、持続可能な社会の実現に向けて、今後も地域の皆さまとともに取り組んでまいります。

イベント主催者の方と一緒に記念撮影
こちらの記事は、SBI新生銀行グループのSBI新生銀行に関する記事です。

サステナビリティ預金についての思いを語ったインタビューはこちら👇

SBI新生銀行のサステナビリティ預金について、もっと詳しく知りたい方はこちら👇(SBI新生銀行のサイトへ遷移します。)

ベンチャー企業向けファイナンスについて、知りたい方はこちら👇(SBI新生銀行のサイトへ遷移します。)


この記事が参加している募集

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!