見出し画像

【お知らせ】LGBTQ+に関する取り組み評価指標で最高位の「ゴールド」を受賞しました!

新生銀行グループ5社(新生銀行、アプラス、新生フィナンシャル、昭和リース、新生インベストメント&ファイナンス)は、2022年11月10日、任意団体work with Prideによる職場におけるLGBTQ+などのセクシュアル・マイノリティ(以下「LGBTQ+」)への取り組みの評価指標「PRIDE指標」において「ゴールド」を受賞しました。

「PRIDE指標」は、2016年にスタートしたLGBTQ+の人々が働きやすい職場づくりを実践している企業を表彰する指標です。新生銀行グループではこれまで、従業員一人ひとりの持つ個性を認め合い、全従業員の力が最大限に発揮される職場づくりと企業文化の醸成を図ってきましたが、さまざまな取り組みが評価され、今般受賞に至ったものです。

方針や制度: 
・    『グループ人権ポリシー』の中で、性的指向や性自認などを理由とした差別禁止の方針を明文化しています。
・    結婚休暇や、家族の看護のために欠勤するときに取得できるストック休暇(年休の失効分を積み立てできる制度)など各人事制度を同性パートナーにも適用しています。
・    性的指向や性自認について相談できる窓口を設置しています。

LGBTQ+の理解を深める活動:
・ 
全従業員向けに、外部講師を招いた「LGBTQ+研修」を継続的に実施しています。
・    LBGTQ+への共感と支援を表明するための取り組みとして、社内アカウントのアイコン用のフレームやバッジに、自分ではLGBTQ+ではないものの、LGBTQ+の人たちの活動を支持し、支援していることを表すアライ(Ally)のマークを導入しています。
・ 『東京レインボープライド 2022』への特別協賛(オンラインブースで新生銀行グループのLGBTQ+に関する取り組みや、LGBTQ+関連の商品・サービスを紹介など)を実施しました。

LGBTQ+の方のための商品・サービス:
・    同性パートナー向け住宅ローンの取り扱いを2021年6月から開始しています。
関連する記事はこちら📌

新生銀行グループではこれからも、すべての従業員がその能力を発揮し、やりがいを持って活躍することによって、持続的な価値創造を実現できるよう、ダイバーシティを推進し、多様な人材の活躍推進に資する各種取り組みを進めてまいります。


こちらは、新生銀行グループに関する記事です。

関連するプレスリリースはこちら📌(新生銀行のサイトに遷移します)



みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!